#502 nihonbashi kayabacho 1-6-3
chuo-ku tokyo 103-0025

+ 81 3 6264 9980

info@tezzonishizawa.com

Materializing Exhibition Ⅱ : WHEN SITUATIONS BECOME FORM
マテリアライジング展Ⅱ 情報と物質とそのあいだ : 状況が形になるとき

This work created for the exhibition aimed to explore information, materials, and their surroundings from various perspectives. Three-dimensional lazer scanners work by emitting and reflecting lazer beamsapproximatelya million times per second, andby collecting point cluster data of the coordinates and colors of the surface hit by the lazer beam. When the point cluster data is analyzed and generated in a computer as a three-dimensional model, it makes it possible for us to view the space from any viewpoint. This work is a record of conditions and in the exhibition room  after the gallery closed on July 19, 2014, the first day of the exhibition using three-dimensional laser scanning. In other words, this work is a digitally recorded data of the exhibition space in which it was not exhibited, and the record of the work itself was not contained when it was later exhibited in the designated place. 

情報と物質そしてその周辺に対する思索をあらゆる視座から行うことを目的とした展覧会出品作品。三次元レーザー測量は、レーザーの照射と反射を1秒間に約100万回繰り返すことによって、レーザーの当たった表面の座標と色を無数の点群データとして採取する仕組みのものである。この点群データを解析してコンピュータの中に立体モデルとして立ち上げると、自由な視点から空間を一望することが可能になる。この作品は、展覧会初日の2014年7月19日の閉館後における展示室内の状態とパフォーマンスを三次元測量で記録したものである。つまり、まだこの作品が展示されていない展示空間の、この作品以外をデジタルデータで記録したのがこの作品であり、この作品が後日展示されるはずだった場所へ展示されたときには、この作品には作品自体の記録は残っていない、ということになる。観測者の不在は、不在であるという仕方で、存在している。

  • Date

    2014.07
  • Usage

    Art
  • Location

    Chinretsukan Gallery, Tokyo University of the Arts, Tokyo
  • Client

    Organizing Committee for Materializing Exhibition

Photo.

CoverTezzo Nishizawa Architects
  • 1–9Tezzo Nishizawa Architects